12/16 サンタさんが来てくれたよ!

【覚え書き】 サンタからのプレゼント:手作りクッキー(ツリーと星)。 セロハン袋に赤い紙ナプキンをいれ、ねじりっこで止める。(材料持ち寄りにて費用節約)。持ち帰り用にセロハンを切り、クッキーのフロスティングの上にのせ、袋に入れ持ち帰り。

デコレーション:フロスティング(市販)をサンドイッチバッグにいれ角を切り落とし。スプリンクルはカリママ各自持参(費用節約)

—————————————————————————————

12月16日のセッションのテーマはクリスマス。 カリママ達はドキドキしながら、子供たちには内緒でスペシャルゲストを準備していました。いつものように、サークルから始まり。久しぶりに「し」ではじまるものを持ってきてもらいました。「”し”のつくもの持ってきてくれた~?」 Y君:「うん!みかん!」といって、みかんを元気いっぱい見せてくれたり。(本当はみかんについてた「し」ではじまるシールって言いたかったんだよね) みんなで、「しましま」を探したり。活発なサークルタイムでした。最近のタンポポキッズは集中力が高まってきているように感じます。

サークルタイムの最後は、私の大好きな「ぐりとぐらのおきゃくさま」。読み終わった後に、みんなに、「このおしゃくさまってだーれ?」と質問。「サンター!」みんなの声が大きかったので、なんとドアの外から、「はーい!」と返事が!!ドアを開けて、サンタクロースがやってきました。 「みんないいこにしていたかな?」と一人ひとりにプレゼントをくれました。緊張するタンポポのお友達!走ってママにしがみつく子もいました(笑)。みんな真剣に、少し静かに、サンタさんと一緒に写真を撮りました。そして、サンタさんは「クリスマスの準備があるから、またねー。」といって帰っていきました。

01 02

次はサンタさんにもらったプレゼントのクッキーにみんなでデコレーションをします。フロスティングをつけて、思い思いの
デコレーション。

0304

デコレーションが終わったら、お話の時間。礼子先生が本を冬のお話の本を読んでくれました。少し落ち着いたところで、自分でデコレーションしたクッキーをいただきます。

05

サンタさん登場、写真撮影できっと時間が足りなくなると思い、サンタの時間を早め早めで進めてしまいました。意外と、子供たちはサンタさん登場で緊張していたこともあり予定より早く終わってしまいました。その分、ゆっくりとでデコレーションしたクッキーもいただけました。

おやつの後はサークルタイム。みんなでジングルベルを歌いました。しっかりは歌えないけど、気分はすっかりクリスマス。

時間に余裕があったので、「宇宙人」をやりました。やっぱり、変な声を出したり、変な顔をするのは楽しいみたいです。

06 07

いつものひらがなの歌。ボードをお手伝いして持ってくれる子がたくさん! みんな参加してくれて、たのしいセッションとなりました。

お手伝い係(カリママの子供がお手伝い係をしてお天気やカレンダーを手伝う)をしてみたかったのですが、前日から息子に言ったものの、「はずかしいから、いや」と。でも、みんな持ちたい子もたくさんいたので、是非、次のカリママさんはやらせてあげてみてください。

時間が足りなくなると思い、急ぎすぎました。「時間あまっちゃったらどうしよう」と心配してたところへ、礼子先生の「宇宙人」やろう!「私が本読むよ!」と助けてもらえて、チームで教えるってとってもいいなと思いました。次のセッションもチームワークでいいものにしていきましょう!

最後になりましたが、今年のサンタさん役やってくださった、さくらちゃんのパパ、ありがとうございました!

 

 

 

12月9日 Swanson Nurseryへ遠足に行きました。

覚え書き:事前に、ナーサリーへ連絡をいれ、たんぽぽのグループが来ることを連絡。
各自、ひらがなの『さ』のつくものを用意。サークルタイム時のおやつ。カレンダーとお天気カード。

第3カリママグループの1回目は、遠足でスタートしました。 今回の遠足は、Swanson Nursery で行われました。 Nurseryの中で、ツアーが始まる15分前に集合しました。
Nurseryの職員のエイミーさんが、ツアーのガイドを務めてくださいました。
まず、エイミーさんからツアー用の地図が子供一人ひとりに配られました。
地図には、かわいい鮭のイラストと、『サーモンのサミー君とスワンソン植物園を
探検しよう』と書かれています。 地図に、番号が書かれていて、それをたどって
いきます。

子供たちは、地図をしっかりにぎり、宝探しでも行くような、ウキウキ気分で、ツアーが始まりました。 まず、最初は、サンタのそりをがんばってひいてくれる、トナカイさん。 りっぱなつの、間近で見るととても迫力があります。
オスのトナカイは冬の前にツノがとれてしまうんですって。そういうことは、サンタのそりを引っ張るのは、メスのトナカイということですよね。 とても、力強いですね。
子供達は、エイミーさんにレーズンをもらいトナカイさんに餌やりをしました。

IMG_5724IMG_5766IMG_5774

それから、トナカイさんのお隣には、なんとラクダ。 聖書の中で3人の賢者がラクダに
乗って登場することから、クリスマスに関係があるようです。ラクダのカーリーちゃんは、
とても愛嬌がよく、柵の中を右へ左へ動き回り、子供たちからパンの餌をもらって、
おいしそうに食べていました。
子供たちには、餌やりもいい体験ですが、それ以上に、間近で動物の動きが見れて面白い体験になったと思います。

IMG_5740IMG_5746IMG_3332

鯉の池では、鯉がどんな色か見てみたり、みんなで池の鯉の数を数えて、当てっこしたりしました。 遊びを通じて、色を学んだり、数を学んだりすることで、子供達に知識が定着していくんだなと思いました。 寒いので、鯉の動きが鈍くなるというナーサリーの職員の方の心配をよそに、鯉たちは、パクパク餌を食べていました。

IMG_3349IMG_3348

もうすでに、切ってある状態で売っているクリスマスツリー(Cut Tree)売り場では、お客さんが木をどの角度からも見やすいように、天井からぶらさげられた状態で売っています。その木々が、くるくるまわるのが楽しいのか、子供達は大興奮! 木々の間を、きゃぁきゃあ言って駆け回りました。

鉢植えに入った状態で売っているクリスマスツリーの中には、ホリデー期間中に楽しんだ後に、ナーサリーへ返却できるものもあります。 そして、それをナーサリーが責任をもって、サーモンにより良い環境を作るために重要な場所に植樹してくれます。 私達、ノースウェストにとって、とても身近なサーモン。そこから、自然を大切にすることを学べました。

プレイハウスでツアー終了。 ガイドをしてくれたエイミーさんに、子供達みんな元気に『ありがとうございました。』を言えました。

IMG_3363IMG_3362

サークルタイムは、当初は外で行うよていでしたが、ナーサリー側のご好意に甘えて、
ナーサリーの中の会議室を貸していただきました。
今回のひらがなは、『さ』。 『さ』のつくものが、れいこ先生のかばんからいろいろでてきました。 本の読み聞かせは、クリスマスが近いので、『サンタクロースとちいさな木』。
子供達は、おやつを食べながら、きちんとお話を聞くことができました。
最後は、元気いっぱい『幸せなら手をたたこう』を歌って。遠足楽しく終了しました。

反省点:集合場所が室内で、子供達がおもちゃなど店の売り物などを触ったり、
駆け回ったりした事。 →外で待ち合わせをしたほうが良かった。
サークルタイムをやるのに十分な場所がないのを把握していなかった。
→事前に下見をしていたら、良かった。