1月27日 お手伝い

<覚書>
洗濯:洗濯紐、洗濯ばさみを用意(洗濯紐は子供達が触って遊ぶ可能性があるので、直前になって張れるように、片方だけ結んでおいた。)
掃除:枯葉を用意(雨の場合は新聞紙の玉を教室内で掃き掃除が出来るように用意の予定だった。)
レッドルームのほうきとちりとりには限りがあったので、各家庭より持って来てもらった。
洗濯物をたたむ:たたんだ物を仕分けできるように、判りやすくイラストで仕分けテーブルを作った。
片付け:レッドルームの在庫のダンボールブロックを使用。事前に教室の隅に山積みにしておき、シーツで覆って遊ばないように準備。
テーブルごとに色分けして置いてもらった。
******************************************************************************************************

今回のたんぽぽのテーマは「お手伝い」。
3-5歳の子達が「時々手伝ってるよ。」「ママのようにやってみたい。」「初めてだけど出来るかな?」とみんな興味があるかなと思って初挑戦。
はじめから総評ですが、みんな本当に一生懸命お手伝いしてくれました。

はじめのサークルは通常通り。「そ」の付く物をみんなの前に出て見せてもらいました。
敢えて「前に出てきてね~」とは言
わず、「ちょっと前に来て先生に見せて!ついでにみんなにも見せて!」という感じで前に来て見せてもらったので、どの子も抵抗なく前に来て見せてくれたようでした。

手遊びは久しぶりの「ひげじいさん」。引き続き「ずっこけひげじいさん」もやりました。
ひげじいさんをやった後にずっこけだったので、子供達は楽しそうにやってくれました。アカペラでゆっくりやったのもよかったね。

そしていよいよ「お手伝い」。
シナリオとしては「あー、忙しい。だからみんな手伝って」ってな感じです。
まずは山積みの洗濯物を、洗濯紐に洗濯ばさみで干す、という作業。
じゃんじゃん数をこなす子、靴下をペアにしてからゆっくり干す子、洗濯ばさみに苦戦している子、色々なカラーが出て面白かったです。

WP_20140127_007 WP_20140127_016
洗濯物を乾かしている間(もちろんぬれてなかったんですけどね。)に、お外の枯葉をお掃除です。
思ったより枯葉が多かった。(笑)
でもみんな、教えなくてもほうきの使い方判っていました。じゃんじゃん集めて、集めて、集めて。減らない~と思っていましたが、みんな最後までやり遂げました。
カリママ的には、きれいに集めなくても、枯葉だから大丈夫~てな感じだったんですがね。

WP_20140127_019WP_20140127_023
教室に戻って、今度は洗濯物を取り込んでたたみました。
たたみ方、一緒にやるつもりだったけど、床に置いたらみんな見えない。見えるように縦に持ったら子供達も縦に持つ。たたみ方の見本をイラストにしておいてあげたらよかったと思いました。
まぁ、Tシャツ、靴下、タオル程度だったので、無事に終わりました。靴下のペアが出来ていないのにお方付けテーブルに片付けられていたりはご愛嬌。
それから箱のお片づけ。赤い箱、黄色い箱、青い箱の3種類に分けてもらいました。これもみんな特徴が出ていて、きれいに揃えて置く子、どんどん高く積む子、とにかく数をこなす子等々。
さぁ、無事に全部のお手伝いが終わりました!

WP_20140127_041WP_20140127_039
お疲れ様、そしてありがとう!

休憩もかねて、次は絵本タイム。
「ちょっとだけ」
これは赤ちゃんが生まれてしまってお母さんが忙しくなっちゃった。だから今まではお母さんがお手伝いしてくれていた事を自分でやってみた。「ちょっとだけ」できたよ!でも、最後はやっぱりお母さんに抱っこしてもらいたくて・・・・。
「ちょっとだけ抱っこしてくれますか?」「いっぱーい抱っこしてあげる!」というお話。
最近、赤ちゃんがお家に来たタンポポメンバーの子も居るので、この「お手伝い」のテーマが生きてくれるといいな~。

WP_20140127_044

最後はお疲れ様のおやつのみかん。
みんなに「ちょっとだけ」頑張って自分で剥いてごらんと提案。
すぐに「先生剥いて~」の声も上がりましたが、一生懸命(必死?)に剥いて食べてくれました。
よく働いたせいか、みかん食べるのみんな早かったね・・・。

WP_20140127_052WP_20140127_048

余った時間で「糸巻き」しました。
たまたま選んだCDがよかった。本当の歌詞は小人さんの靴を作って、パンを作って、落とし穴作って、小人さんのお家に行きましょうという内容ですが、このCDは小人さんのお靴と、お友達のお靴と、ぞうさんのお靴など、大きさを変えてのバージョン。
考えてみたら「あなほりほり」なんて振り付けしらないもん。
色々バージョンを変えて小さいのを作ったりしたら、単純だけど、単純だから、子供達は楽しそうにやってくれました。
皆さん、お勧めです。

内容盛りだくさんでしたが、無事に時間通りに終了。
ずっと体を使うアクティビティーだったけど、最後まで楽しく出来ました。

広告

1月27日 お手伝い」への8件のフィードバック

  1. おかげさまで家でもせっせと洗濯物をたたんでくれます。靴下をくるっと返すのが楽しいようです。ウフフ。役立つテーマをありがとう。

    • さて、どれだけの子供達がお手伝いをしてくれているのだろう??
      各言ううちの子、やってくれません。素通りです(涙)
      卵を割るとかかき混ぜるとかのお手伝いは喜んでやってくれるんだけどね。

  2. 洗濯物を,洗濯バサミで紐に干す,という作業,乾燥機があるからもうしないですよね〜。何だか,とっても,懐かしかった〜。ハハハ。子供達,随分楽しそうにやっていましたよね。こちらが参加したくなっちゃった。素敵なテーマでした!

    • 洗濯物を干すって確かにない。洗濯ばさみも使うことないよね。
      でも、でも、将来、何かの形で役に立つときが来るはず!??(笑)
      特に女の子は今回のテーマは一生懸命やってくれていた気がします。
      やっぱり「家事」って女の子の本能に組み込まれているのかしら??

  3. 「ちょっとがんばるとできる」っていうのがいいですよね!あれからうちも、靴下を履くときや何か些細なことでも「ほら、あのときたんぽぽでもがんばってやったらできたよねぇ!」っていって、やらせてます。本人も辛抱強く靴下に挑戦しています。お手伝いのテーマって、斬新!ほかの家庭で、どのくらい、どんなことを子供たちにやらせているのか興味がわいてきました。ちなみにうちは、洗濯物の仕分けとか、卵混ぜたりとか、、、。床を掃くのもやるかな?上の二人には当番表があるので、その手助けみたいのはしているみたいだけど。みなさんどうですか?

    • お手伝いって親にも余裕がないとさせてあげられないよね。
      忙しいときに卵割りたいって言われると、また今度ねってなっちゃうし、かといって一人で出来そうな洗濯物の仕分けは嫌がるし・・・。
      全部を完璧に終わらせなくていいんだよね、「ちょっとだけ」頑張ってもらえば・・・。

  4. あれから、うちでも急にお手伝いの幅がひろがりました。
    壁をふきながら、「もう、こんなに汚して~」と呟いてるのを聞いて笑ってしまいました。

  5. テーマの「お手伝い」大ヒットでしたね。洗濯物干しがあんなに盛り上がるなんて!子供にとってはゲームみたいに見えたのかな?いいね。日本にいたとき、2歳だった息子がある日自分のシャツとズボンをたたんでくれました。「保育園で習った」と。びっくり。こんな小さい子でも教えてもらうとできるんだなぁと関心したのを覚えています。礼子先生、たたみ方図に書いて張っておくのもいいアイディアですね。また将来やるときは是非参考にしたいものです。うちもお手伝いは卵を割る、洗濯物を洗濯機にいれる、ぬれたのを乾燥機へ移す、フォークなどを机に並べる、ぐらいかなぁ。もっと、「これはあなたの仕事」ってしてみたいけど、それもこっちの準備がいるし、何でも大変よね~。 歌はやはり、簡単な振り付けがあるとたんぽぽキッズはのりのりになりますね。ただ、季節の歌だからってやるよりも、無理やりでも一個でも振り付けを考えるといいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中