2月24日「雪」

覚書

  • ひらがな:つ(カルタ遊び)
  • 歌とお遊戯:「鬼のパンツ」「げんこつ山のたぬきさん」
  • クラフト:「雪の結晶」の切り紙と名前カード貼り。切り紙はコーヒーフィルター使用。
  • 紙芝居:たんぽぽ在庫より「くまさんのゆめかな」
  • アクティビティ:「むっくりくまさん」遊び(くまの面用意)と新聞紙を使った「雪」遊びと「雪ダルマ」作りと、新聞紙ボールによる雪合戦。雪ダルマは13ガロンの白いごみ袋、目:ジュースのふた、口:赤いテープ:鼻:トイレットペーパーの芯、手:ラッピングペーパーの芯

************************

今日も外は冷たい雨。まだシアトルの冬は終わりではないようです。今回は「冬」といえば「雪」、そして冬の「冬眠する動物」というテーマの流れです。

初めのサークルでは、みんな元気でたんぽぽちゃんの歌も「たんぽぽちゃん♪」の節のところは結構大きな声が聞こえてきました。お遊戯も3回目となり、かなりのりのりでした。「げんこつやまのたぬきさん」、先生と勝負してどちらが勝ったかと教えてくれる子もいっぱいいました。先週お休みをはさんだので復習をかねて、「鬼のパンツ♪」というふしを音楽を流す前に練習しましたが、そのおかげかとても上手。小さい子どもや自分にとって新しいお遊戯のときは、メインのお遊戯部分だけでもしっかりできると子どもの参加度合いが増えてうれしそうですね。いつも始まりは少しずつエンジンがかかってくる感ですが、今日の初めのサークルは積極的でよく聞いてくれたと思います。雪の話しをするので、「雪で遊んだことある?」と聞いただけで、皆こぞって自分の雪の経験を話してくれました。そうそうシアトルではつい最近雪が降ったばかりなんですよねー。

DSC_0266 DSC_0268

今日の工作は「雪の結晶」をコーヒーフィルターを折って、そこに鉛筆で自分で印や模様を入れ、その後はさみで切り、台紙にはりつけました。ひらいてびっくり、きれいな結晶の形。コーヒーフィルターは折り紙よりも薄くて柔らかいので、子どもがはさみを入れやすく、かつ丈夫で扱いやすい工作素材でした。たくさんコーヒーフィルターを用意していましたが、もっと!!と2枚目を催促して来た子はやはり年長組みの子どもたちでしたね。台紙に紙の結晶をのりで貼りつけるのと同時に、自分の名前も子どもに貼り付けてもらいました。あえて一字ずつばらばらな状態で渡しましたが、自分で上手に並べて貼れたかな?

DSC_0274

初めのサークルがあり、工作がありで、そろそろ小さい組みの子どもたちの集中度合いがきれてきました。お天気のせいでお外で存分に走りまわることができないここ数日。次は「クマさんのゆめかな」の紙芝居ですが、いつものごとく全員が落ち着いて座るまでに少し時間がかかりました。でも一旦お話が始まると、とても集中してしっかり聞いてくれました。冬の間「冬眠」するクマさんがいろんな楽しいことを夢みながら冬を過ごすというお話。それにしても、皆お話を聞くのが上手になりましたねー。

そして次に冬眠するクマさんを遊びに使った、「むっくりくまさん」遊びをしました。クマさんのお面をかぶった先生の一人が、真ん中で冬眠しています。その周りを子どもたちが輪になり、クマさんを起こさないように歌いながらぐるぐる回ります。歌の最後にはクマさんは冬眠から起きてしまいます。お面の目もぱっちり開きました。子どもたちはクマさんにつかまらないように、きゃーきゃー走って逃げ回ります。「こわいー」とお母さんに抱きつく子、ここぞとばかりにきゃーきゃー走っている子、どの反応も予想通り。とても楽しい遊びでした。

DSC_0276

その後はほんものの雪で遊びたいところですが、残念ながらそうはいかず。でも新聞紙をびりびりやぶいて、ひらひらさせての「雪だー♪」遊びをしました。新聞紙びりびりは、エネルギーのたくさんあまっている子どもにとってはとても楽しい遊びですね。家だと散らかるし、スペースも限られるので躊躇しがちですが、たんぽぽは室内空間も広い!いっぱい広がったびりびり新聞紙、、、、の雪野原。掃除が大変、、、。でも大丈夫。今度はそれを皆で集めて二つの白いごみ袋へぎゅうぎゅうに詰めました。目をどこにつける、鼻はどこだと、子どもたちにあれこれ指示をもらいながら小さなかわいい雪ダルマができあがりました。その後、新聞紙ボールを使って雪合戦ならぬ、雪ダルマを的にした雪あて遊び。雪ダルマさんごめんねー。でもたんぽぽの子どもたちはいっぱいのエネルギーを発散して、本日のセッション終了となりました。

広告

2月24日「雪」」への4件のフィードバック

  1. 新聞紙が,こんなに多様性があるなんて,すごいなあ。小さく,小さくちぎって雪を降らせたり,それの方付けがてら(?)雪だるまを作ったり,雪合戦をしたり。これからも利用価値大いにあり,ですね。

  2. 冬眠のくまさんはかなり迫力がありました。うちのは真剣に怖がっていました、、、。冬眠する動物とそうでないもの、という話をできないかと考えていたところで、家に帰ってからも話を膨らませることができました。雪合戦も、大のお気に入り遊び。大きな声を出して思いっきり楽しんだみたいです。

  3. 今年度のたんぽぽは新しいアイデアが沢山!
    かれこれ数年、たんぽぽに在籍していますが(汗;)、初めてのアイデアが沢山です。
    ビリビリの新聞紙で雪だるま、冬眠の熊さん等々。
    楽しいセッションをありがとう。
    これだからたんぽぽは辞められない~(笑)

  4. クラフトは全く興味を示さなかった息子…。
    でも、冬眠の熊さんは怖いけれど楽しい!らしく家に帰ってもパパを捉まえて遊んでいました。
    全てのセッションに積極的に参加できなくても毎回その場にいるだけでも大きな意味があるし、
    「ひとつ」でも参加できたらそれがまた次に繋がってたんぽぽを去る日に楽しい記憶となってくれればいいなあと願っています。

シッシのママ にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中