3月10日:消防署見学

覚え書き:消防署見学予約は、オンラインにてできます。Greenwood Ave. と 73rd St. の所にある消防署は、Station 21 です。最低、一ヶ月前に予約しておいた方が、希望の日にちと時間が確実です。予約をするには、seattle.gov/fire/deptinfo/stationtours.htm → preschool program → fire safety → option A — Visit a Fire Station → Registre online (注意:見学は、たんぽぽの生徒および親を含め25名まで。当日、消防車が出動を呼びなくされた場合は、消防車には乗れないけれど、建物の見学は可能。)予約を入れると、しばらくして、確認のメールがきます。

午前中は、晴れ間も見えていたのに、「さあ、出発」という数分前に、突然、雨がザーザー降り始めました。でも、雨天決行だったので、雨具に身を包み、8ブロック離れた消防署まで遠足に出掛けました。1時の見学に間に合うよう、12時40分には出発したかったので、はじめのサークルは、いつもよりずっと短めでした。生徒一人一人の名前を呼んで、今日の日付と天気の学習、そして、曜日の歌を2回歌うのがやっと。さあ、いよいよ出発。

教室で待機しているお母さんと小さい妹、弟達に手を振り、元気に表へ出ました。大人の足なら。片道8ブロックは大した距離ではないけれど、雨の中、子供にとっては、結構の距離に感じられたかも知れません。でも、みんな、往復元気に歩けました。角や駐車場の前では、一時停止、左右をよく見てから渡れました。そういう交通ルールも、同時に体感できたし、お友達と手をつないで歩く、先生のいう事を聞く、というこの日のルールもしっかり守れました。

消防署に着くと、チーフと3人の消防士さんが出迎えてくれました。諸注意の後、車庫の方に移動し、防災に関するお話を聞きました。子供達は、マッチやライターなどを触ってはいけない事、そういうものを見つけたら大人にすぐ知らせる、などよく分かっていました。

2014-03-09 14.25.072014-03-09 14.25.362014-03-09 14.26.02

そして、待ちに待った、今日の見学のハイライト、2台ある消防車に乗せてもらいました。背の高い消防士さん達が、子供一人一人を持ち上げて、乗せてくれました。ちょっと高くて怖かったのか、すぐ降りたがる子供もいれば、将来消防士になるのが夢なのか、助手席に乗ったり後部座席に乗ったりを繰り返している子供もいたし、いつ緊急事態が発生して大きなサイレンが鳴るのか気が気でない子供など、それぞれでした。

2014-03-09 14.27.302014-03-09 14.31.15

2014-03-09 14.26.582014-03-09 14.35.09

消防車に乗った後は、建物の他の部分を見せてもらいましたが、車庫から仮眠所の方に移動している時に、歴史の移り変わりが分かる写真展示も目にする事ができました。1900年代初頭には、馬が消防車を引いていたようです。そして、消防車自体も形や機能など、様々な変化を遂げてきたようです。歴史の勉強にもなりました。

仮眠所は、夜中でもすぐ出動できるように車庫のすぐ側にありますが、大きなキッチンや大型テレビが設置されてあるレクリエーションルーム、それに、立派なジムも備えられてあります。この消防署には、16人の消防士さんが配属されていて、4人構成のシフト交替だそうですが、さすがに16名の大所帯に対応するためでしょうか。キッチンには、大型冷蔵庫が2台設置されていたし、大きなスペースに棚も豊富に備え付けられていました。大概は、順番に担当者が料理をするそうです。キッチンの向かいの部屋は、レクリエーションルーム。本を読んだり、テレビを見たり、好きな事をして過ごすそうです。リクライニングシートを見つけて、ちゃっかり休息している子もいたかな?そして、消防士さん達は、身体を鍛えて、緊急時に、即対応できるようにしてい なければならないので、とても充実したジムも完備されています。

あっという間に見学の時間が終わり、最後に、今日案内してくれた消防士さん達と一緒に、記念撮影をしました。消防車をこんな近くで見られて、中に乗せてもらえて、本当に楽しい経験でした。小振りになったとはいえ、帰りもまだ雨が降る中を、元気に教室に向かって帰りました。沢山歩いたので、おやつを食べて、今日のセッションはおしまい。

広告

3月10日:消防署見学」への7件のフィードバック

  1. 楽しかったですねぇ!そして、なぜ行きと帰りの道中にあれだけ雨が降ったんでしょうねぇ!!!うちは朝から二人とも大興奮でしたよ。帰ってからも、お兄ちゃんと「あっ、覚えてるよ~」と話に花が咲いていました。兄弟でたんぽぽの話ができるのって、いいですよね。

    • 兄弟で、たんぽぽの経験を共有できるのって素晴らしいですね。そして、お兄ちゃんがちゃ〜んと覚えているのって、すごいなあ。

  2. 楽しそうですね~ 私も行きたかったなぁ~ Mは「ファイヤーファイター チャールズが、消防車に乗せてくれたの~」とうれしそうに話してくれました. 消防車に乗っている写真はすっかり固まった緊張顔でしたが(笑)、実際はとても楽しかったみたいです.

    雨の中を歩くのもまた子供たちには良い経験だったのではないかと思います. いかにもシアトルっ子ならではの経験のような気もするし♪ 楽しい遠足の企画ありがとうございました!

    • 消防車の座席って随分高いんですよね。そして、そこに上がるための階段の幅の広い事!緊張する気持ちも分かるような気がします。

  3. 引率の皆様、お疲れ様でした。
    居残り組みの私達はおしゃべりしたり、セッションの確認をしたり、結構有意義に使わせていただきました。
    うちの子は完璧には英語を理解していないので、お話してくれたことはよくわからなかったみたいだけど、壁の写真を見て理解したこと、建物の中にBBQグリルがあったこと、みんな体操するんだって~(ジムの事)など、自分で理解した範囲で一生懸命お話してくれました。
    雨の中の散歩(?)も楽しかったみたい。すでにシアトルっ子なのかもね!

  4. 消防車が大好きな息子は大きなタイヤに釘付け!
    行きと帰りの雨の中の歩きもみんながんばりましたね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中