4月28日 耳文庫さんによる人形劇

【覚書】
人形劇:人形劇のステージは東側の窓を背にしてもらったが、光が入って眩しいため窓の無い西側の方が見やすいと思われる。
手遊び歌:のぼるよコアラ(CD在庫)
ダンス:南中ソーラン。Youtubeの音楽をパソコンで流す予定だったが、教室内で使用できるはずのwifiの電波が上手く届かず、携帯電話を使用した。

*****************************

今日から最後のカリママチームのセッションです。
始めのサークルは10分前に手洗い、トイレの声かけからスタート。ママ達が進んで協力してくれたことでスムーズに始めることができました。サークルに子供達が集まってきたところで「はじまるよ」の歌を歌い、歌っている間に全員着席できました。
名前のカードをランダムに配ってカードにある名前を読んでもらい、名前の持ち主にカードを届けてもらいました。お友達の名前をみんな一生懸命読んでくれました。カリママの子供が黄色いバンダナを付けてお当番になり、天気のマークを貼ったりカレンダーの日にちを指すお手伝いをしました。今日のひらがなは「は」。先生が一周してトランプのように伏せたカードを一人一枚ずつ選んでもらい、全員カードが手元にある時点で一斉にカードを見せ合いました。その後子供達に聞いて一枚ずつカードを読み、同じカードを持っている子を探してもらいました。子供達は席を離れることなく、さほどざわざわせずにできました。

サークルタイムの次は夏祭りの盆踊り練習です。伝統的な音楽を取り入れたいという思いから、今年はアンパンマン音頭ではなく全国で人気の南中ソーランに挑戦。ノリの良いテンポで子供達には覚えるのが難しいかな?と少し心配でしたが、本場北海道出身のカリママがリードして網を巻き取ったりお魚をトラックに積んだりする動きを楽しく練習しました。実際の曲に合わせて踊れるようになるのが待ちきれません!DSC01325

いよいよお待ちかねの人形劇。今年もボランティアで人形劇をしていらっしゃる耳文庫さんが来てくださいました。こんなに素晴らしい人形劇を間近で見られるたんぽぽの子供達は本当に幸せです。演目は「てぶくろ」。ノースウエストにおなじみの動物さんたちがたくさんでてきました。DSC01367
劇が終わると動物さんたちからみんなへ質問コーナー。森の王様のシカやちょろちょろりすなど、大人でも覚えきれなかった登場人物の名前を動物さんに聞かれると、子供達は細かく覚えていてママ達は感心してしまいました。最後に動物さんたちが舞台袖から出てきてくださいました。子供達は動物を実際にさわったりぎゅっと抱きしめたり大興奮。耳文庫のみなさん、本当にありがとうございました。
DSC01373

人形劇の次は手遊び歌「のぼるよコアラ」。CDを聞きながら何回から練習すると、素早く覚えてしまった女の子二人が前にでて先生と一緒にお手本になって歌ってくれました。
終わりのサークルの前に少し時間があったので、「ごきげんのわるいコックさん」の紙芝居。何を作っているのかな?何の匂い?と聞くと「パン!」「ケーキ!」「キャンディ!」などみんな想像力豊か。ぺろぺろキャンディーのシーンではみんなたまらず前にでてきて食べる真似をしてしまいました!

さて、次回は「こどもの日」です。どんなクラフトを作るのか楽しみですね!

4月21日 リサイクルの日!

22日の地球の日にちなんで今週のテーマは「リサイクル」でした。

最初のサークル、一ひねりしてみました。自分とは違う名前のカードを一人ひとりに渡し、カードにある名前を大きい声で呼んでもらうというやり方にしました。時間はかかったけれど、どの名前が来るか興味を持ってもらえたかなぁ、、と思います。曜日の歌も、お花見のときにフルーツバスケットみたいに曜日担当を決めて順番に歌うという方法にしてみたんだけど、これは難しかったかな?でも、こういう些細なことでもいつもと違う風にすると左脳の刺激になるかな、なんて、こじつけでしょうか。

 

サークルが終わった後はもったいないおばけの紙芝居。電気のつけっぱなし、水の流しっぱなし、おもちゃの出しっぱなし、、、という「ぱなし」をみんなに指摘してもらいました。みんなちゃんとわかってたね。「コップの牛乳がない!」と細かいところも教えてくれました(笑)。

 

そのあとのアクティビティでは、床に散らばったものものもの!を、それぞれ”リサイクル”、”コンポスト”、そして”ごみ”の箱まで仕分けする作業でした。リサイクルもコンポストも似たようなものなんだけど、要はミミズが食べてくれるかどうかがポイントなんだよ~、と話を進めてみました。子供たちはリサイクルもよくわかっていました。さすが、シアトルっ子たち。

 

クラフトの時間では、いよいよものづくりの時間です。見本で見せたライオンはやはり人気で、同じものを作りたい!という子が何人か。そして男の子たちは乗り物系が断然人気でしたね。先生の等身大ロボットも力作でした。

 

反省としては、、、時間が押してしまい、片付けの時間が短くなってしまったこと、作ったおもちゃで遊ぶ時間がなかったこと、そしてリサイクルの話は、紙はこうやって新しい紙になるんだよ、とかプラスチックはこうやって新しいプラスチックに変わるとか衣類になるとか、そういったことをもう少し掘り下げて、かつ分かりやすく説明したかったけど、、、難しいです。今度は、実際に紙作りをしたりコンポスト作りをしたりすると楽しいかな、と思いました。紙作りだけで一セッションになってしまうだろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

種まき

【覚書】

・種はカリママで持ち寄り。今回はねぎ、まめ、レタスの三種。

・卵の容器に種まき。1ダース用のものを半分に切る。植えたものが分かるように爪楊枝で作った旗を用意。

・見本を早めに作って発芽させておいた。芽が出る段階、双葉、本葉といろんなバージョンがあるともっと理解が深まるかも?

・お天気に恵まれ外で種まき。セクションを土入れ、まめ、ねぎ、レタス、水遣りの5つに分け、順番に進んでいく。

・みずやりは霧吹き。

--------------------------------------------------

春になりました。暖かい種まき日和です。

いつもどおり最初のサークルタイムから始まりです。今回も配置換えの効果でみんなきちんと着席して始めることができました。

前回同様に名前の歌をお休みして、それぞれお友達のカードを持ってもらって、自分たちでお友達の名前を呼び合う形。先生に呼ばれるのと違った気分で、恥ずかしかったり、嬉しかったり。歌&お遊戯は、今シリーズの「ちょうちょ」に加えて、たねまきにちなんだ「ちいさなにわ」もしました。「♪ちいさなにわをよくたがやしてー♪」たねまきにぴったりの歌です。 

種まきをする前に、みんなが植える種がどのように大きくなるかについて少しお話をしました。カリママが事前に蒔いて、双葉まで成長した見本をみんなで見ました。「かわいい。」「ちいさい。」「おうちでも種まきしたよ。」の声。「ふたば」という言葉を知ってる子もいました。

tanemaki1

そして、まずはみんなが種を植える卵容器を春色の色紙で可愛く飾ります。ひらがなを切った紙でなまえも貼りました。じぶんのなまえのひらがなを覚えている子が増えてきたように思います。tampopo2

いよいよ、お外へ。土入れ→種蒔き(まめ、ねぎ、れたす)→水やりのセクションを順番に移動していきました。歩くときはそーっとそーっとね。みんなの種蒔きが終わった後は、チョークでお絵かき!ながーい線路を描いてたのしい電車ごっこもできました。tampopo3

お部屋に戻って「そらまめのたね」を読みました。みんな絵本が大好きです。「きつねくんはいじわるだね。」など感想も聞けるようになり、本年度がはじまったばかりの頃と比べて、みんなの本に対する姿勢が明らかに違っていることを感じました。

最後に終わりのサークルをして、解散!お天気が良いので終わってからもお外に描いた線路であそびましたとさ。

 

3/31 桜

【覚書】

・UWの桜の満開が予定より早かったので、遠足とセッション内容が前後した。

・花びらお面:固めの画用紙に花紙&折り紙の小さいのを貼る

・桜餅:もち米6合(3合の予定だったが、足りなそうだったのでカリママ持参の炊飯でセッション中にたく)

食紅1滴でピンク色

・桜餅、リハーサルでサランラップで作って練習するべきであった。丸め方の説明が悪く、あんこが中に包み込めなかった。

——————————————————————————-

予定ではセッションで「春」や「桜」について話をしてから、UWの桜の花見遠足の予定でしたが、桜が早まったので逆になってしまいました。が、子供たちとは、「先週遠足で見たきれいなお花はなんという花でしたか?」とか、「桜は何色だった?」とか。みんな積極的に質問に答えてくれました。

最初のサークルタイム。前々回、走ったり、参加できない子が多かったので、今回はより集中できるように(みんなが座りたがるベンチやキッチンのおもちゃがみえないよう)、いつもとは反対側を向いてサークルタイム開始!セッション中のカリママミーティングもきっちりトイレ前に移動、すべてのお母さんたちのサポートもあって、今回の子供たちはとっても集中してサークルタイムができました。 流れていた空気も、「静かにしようね。」「ちゃんとお話聞こうね。」と引き締まった感じがしました。

いつもの名前の歌は今回はお休み。みんなにいろんなお友達の名前カードを持ってもらって、自分たちで名前を呼び合う形式。「お、いつもとちがうぞ。」とみんな興味津々ですすめることができましたね。

春をテーマにした曲。「ちょうちょ」をひらひらのハンカチを持って歌いました。たんぽぽのちょうちょさんはすごいスピードで飛んでいってしまうのやら、ぐるぐるまわるのやら、たくさんでした。予定ではもう一曲でしたが、興奮状態がマックスに達したので気分を変えてクラフトへ。

さて、今回のテーマは桜。みんなでお面を作って桜の花びらになりました。カリママチームのアイディアでは、「花びらになって、5人あつめて、上を向いて写真を撮ったらかわいいね。」と簡単に考えていました・・・・。現実は、いかに子供たちを1つの場所に立たせて、同じ方向をみせて写真を撮ることが難しいかということに驚きました。 あまかったですね。でも、カメラマンまい先生のおかげで、かわいい写真(作品)がたくさんとれました!アルバムにも載りますよ。

DSC_0031

お話タイムで少し気持ちを落ち着かせ、最後はお楽しみ、桜餅づくりです。前もって炊いておいたほんのりピンクのもち米をサランラップにつつみ、みんなでつぶします。元気ありあまる男の子たちは、サランラップが破けるぐらい。形を整えて、最後にあんこをいれます。まるくまるめて、穴をあけてあんこをいれたらいいとおもっていたのですが、それではあんこが丸め込めませんでした(苦笑)。やっぱり何でも前もって練習しておかなくてはいけませんでした。でも、お味は抜群。みんなもりもり食べていましたね。

DSC_0076

最後はいつものひらがなの歌と「幸せなら手をたたこう」。お手伝いのスカーフを途中からつけたいと自分から言った私の息子も、うれしそうに、ひらがなのボードを持ってお手伝い。数ヶ月前は「お手伝い、恥ずかしいからやだ。」といってやらなかったけど、また1つお兄ちゃんになったみたいです。たんぽぽのお友達とどんどん一緒に成長できる、またうれしい瞬間でした。