5月19日 身体測定

【覚書】
・身体測定表の作成。(過去の身体測定表雛形を使用)
・テーブルが汚れないように、ビニールシートと新聞紙を敷いておく。
・絵の具、筆の準備。雑巾を各自持参。


      たんぽぽのお友達が元気いっぱいお教室に入ってきます。まずは、オープンサークル。「パンダウサギコアラ」の手遊びでウォーミングアップ。お天気は晴れで、気持ちの良い日です。名まえカードを床に並べて、自分の名前を選んでもらいました。自分の名前のひらがなを理解していて、ほとんどのお友達が自分の名前カードを自分で選べました。そして、パペットのカエルのぴょん吉君にもしっかりお名前を言えました。ひらがなは「へ」です。「先生と同じカードを持ってるお友達はだ~れだ?」と聞くと元気いっぱい答えてくれるお友達がたくさんいました。たんぽぽのお約束もよく理解しているように思いました。私の問いかけに意欲的に答えてくれる子どもたち、とっても嬉しくなります!夏祭りのソーラン節の練習もしっかり行いました。特に先生の横でお手本になってくれたお友達は、はりきって踊ってくれました。「そーらん! そーらん! どっこいしょ~! どっこいしょ~!」夏祭りが楽しみです!

     さて、今日のテーマの身体測定、身長、体重、頭囲、そして最後に手形をとり「大変よく出来ました」のスタンプをもらいます。みんなしっかり順番を待ててえらかったね。昨年の9月からどれくらい大きく成長したのかな?ちなみに、私の娘は身長が5センチも伸びていました!たんぽぽに入会した時からは、14センチも身長が伸びました!いったい、いつ大きくなっているのでしょうね?毎日見ているのに不思議です。私の身長を追い抜くのも遠い未来ではなさそうです。あっ、セッションで伝え忘れてしまったんですが、身体測定表の表紙の裏面が白紙になってるので、子どもたちに自由に絵を描いてもらってもよい記念になっていいと思いますよ~

DSC01767

     次は、粘土の手形の色塗り。みんな集中してできました。色を混ぜて楽しんだり、デザインを考えて慎重に塗ったり、好きな色一色を一生懸命に塗ったり、本当に様々な個性があるんですね。カラフルな手形の出来上がりです!DSC01857

     読み聞かせは「小さなふく 小さなぼく」。「小さかったみんなは、どこにいっちゃったんだろ~?」「ここにいるよ!」と胸に手をあてて答えてくれた子どもたち。「小さかったみんなは、みんなのことが大好きな人たちの心の中にもいるんだよ。」と心があたたまりました。忙しい毎日ですが、一日一日の子どもの成長をしっかり見守りたいとあらためて思いました。もう一冊は、「ほしい」。絵本がぐんぐん縦に伸びて、登場人物がどんどんはしごをのぼって、絵本を見ている子どもたちも、みんなも首を上げて、先生も背伸び!最後に手を伸ばしたのは、星!ほしかったのはほし(星)!ヾ(≧▽≦)ノ☆みんなの楽しそうな笑顔がとても印象的でした。DSC01859

     終わりのサークル、あいうえおの歌の最後の「ん!」は相変わらず元気いっぱい!今日のたんぽぽも楽しかったね!来週はメモリアルデーでたんぽぽはお休みです。次は6月2日のセッションで会いましょう~♪

広告

5月12日 母の日

【覚書】紙粘土のアクティビティーの前にビニール製のテーブルクロスをテーブルにかけた。紙粘土の見本は乾燥を防ぐため、アクティビティーをする時に説明しながら見本を作って見せた。クレイはJOANNでcrayola air-dry clay 5lb を2つ(10lb)クーポン利用。クーポンはネットで印刷可能。


 

「たんぽぽが始まるよ~!」「皆、教室に戻って手を洗おうね~!」「トイレに行きたい子いるかな?」いつもの様に先生や補助ママの掛け声でたんぽぽの子供達が教室の中へ入って来ました。始まる前のいつもの掛け声は子供達にたんぽぽが始まる、という意識を習慣付けるのに効果的ですね。皆きちんと手を洗った後は次々に先生のいるサークルタイムの場所へ来て椅子に座ることができました。全員が集まるまでの間、子供を飽きさせない様に、他の先生役のチームメンバーが手遊びをしていてくれました。
さて、いつものように始まったたんぽぽですが、今日はなんだか皆おしゃべりしたり、はしゃいだりと落ち着かない様子。週末が明けてすぐの月曜日、友達に会えて嬉しくてはしゃぐのも無理はありませんね。そんな時は特にテンポ良く、違った事をしてみたり、場所を変えて気分転換させる、というのは大事だと思いました。
前日が母の日だったので、テーマは「母の日」でした。由来を説明するのはこの年齢の子供達には理解するのが少し難しいと思ったので、代わりに子供達に「お母さんは皆にいつも何してくれるかな?料理を作ってくれるかな?あと、何をしてくれるかな?」と問いかけてみました。そうしたら何人かの子が「お母さんは洋服を着るときに手伝ってくれる。」などの返答をしてくれました。そこから導き「母の日はいつも色々な事をしてくれるお母さんにありがとうの気持ちを伝える日です。皆、ありがとう、って言えるかな?」と言うように展開していきました。そうしたら、「ありがとう!」と言えた子供達もいました。子供にありがとう、と言われると嬉しいですよね。
始めのサークルの後は夏祭りで皆で踊る、たんぽぽソーラン節の練習に入りました。丁度その時まだたんぽぽメンバーではない息子のおむつ替えをしないといけない事に気付きましたが、ソーラン節の練習をいつもしてくれる先生にバトンタッチできたので、助かりました。ノリの良い音楽にイメージをしやすくわかりやすい振り付け、それにお家でも練習できるので、おなじみになってきたこのソーラン節をいつも子供達は楽しそうに踊っています。
ソーラン節が終わった頃、泣き始めた子供がいたり、また皆が落ち着いていない様子だったので、移動して今度は紙粘土で皆の手形をとりました。紙粘土だと後で壁にも飾れてこの時期の成長の記録が残る記念の品になるのではないかと思います。紙粘土は一人ずつその子の手の大きさに伸ばして手形をとりましたが、皆手の大きさや手形のとり方も様々。同じ年齢でも大きさが随分違っているのも個性。中には手形をとった後、指紋を消して爪の後を沢山つけてみたり、なんと「僕、蛇を作りたいんだ~!」と言って手形ではないものを作り始めたりする子もいました。最終的には全員の個性あふれる手形がとれました。将来、この手形を見て大きさを比べてみたり、その時していた事を思い出すのも楽しいかもしれませんね。たんぽぽはコープ式幼稚園なので、親子の共通の思い出が増える楽しみがありますね。紙粘土は乾かすのに時間がかかるので、次回のセッションで乾いた紙粘土に絵の具を塗ります。

紙粘土で手形とり紙粘土で手形とり
次のアクティビティーでは日本の昔ながらの遊びである「かごめかごめ」と「通りゃんせ」をしました。「かごめかごめ」では途中で鬼の後ろになりたくないのかゆっくり歩き始める子がいたりしましたが、鬼になった子供も後ろに誰がいるのか動物の鳴きまねだけで当てるのは面白かったのではないかと思います。鬼の後ろになった子供以外の沢山の子供達も鳴きまねをしていたので声だけで誰だか当てるのは難しかったとは思いますが。「通りゃんせ」は最初は先生二人が関所役になりました。これも、誰が次に捕まるかと皆ドキドキしているように ゆっくり歩いてみたりしていました。こういった遊びは勿論、運動にもなりますが、思考力も鍛えられますね。最後に捕まらない様にする姿はとてもかわいらしかったです。前の子供の肩に両手を置き、歩くのは途中で列が途切れてしまうこともありましたが、そんな時は先生が列を修正しました。突然恥ずかしがって参加しなくなった子も皆を面白そうに観察していました。

 

かごめかごめ
最後に「のぼるよコアラ」の歌を歌いながら踊りました。踊れる子は皆の前に来て踊るように促すと、何人もの子が積極的に前に出てきて、一緒に楽しく歌い、踊りました。今回の私達先生役のチームが教える約1ヶ月は毎回夏祭りで踊るソーラン節の練習があるので、お遊戯を毎回同じものにしたのは、ソーラン節もお遊戯もどちらも徐々に覚えられ踊れるようになる、と言う点でとても良かったと思います。

お遊戯「のぼるよコアラ」さて、来週手形に色を塗りますが、どんな手形ができるか楽しみです。たんぽぽの皆、楽しかったね!また来週~!

5月5日 こどもの日 

[覚書]
・トイストアでもらってきた大きな紙に、鯉の絵をかいて用意(こいのぼり
くぐりのアクティビティで使用) セッション前に壁に貼っておく
・折り紙で鯉のうろこを作り、裏に両面テープを貼っておく(こいのぼり
くぐりのアクティビティで使用)
・こいのぼりくぐりには、たんぽぽ在庫のナイロンのトンネルとカリママ持参の
トンネルを使用
・こいのぼりのクラフトの準備(こいのぼりのテンプレートを切り、ストローをつなげ、
紙コップに穴をあける)

—————————————————————————————————————–

今日のセッションは、ちょうどよくこどもの日にあたりました。
まず、はじめはサークルタイム。
今回のひらがなは、「ひ」でした。 カリママ手作りのひらがなカードも
どんどん増えてきています。 私自身も他のカリママの手作りカード
を見るのを楽しみにしています。子供達も、このひらがなカードを
通して、ひらがなと言葉への興味をもってもらえればいいなと思います。

サークルの後は、こどもちゃれんじの本から、こどもの日の
紹介をしたあと、みんなでスカーフを空を飛ぶ鯉にみたてて、
「こいのぼり」の歌を歌いました。

アクティビティは、こいのぼりくぐりでした。おもちゃのトンネルに鯉の
目玉とひれをつけて、鯉に見立てました。
トンネルをくぐりぬけたら、大きなうろこのない鯉が壁に貼ってあります。
その大きな鯉に色とりどりの折り紙のうろこを貼って貰いました。
子供達のおかげで、うろこのない鯉がカラフルなうろこがついた、素敵
な鯉に生まれ変わりました。

P1140356

P1140366

P1140363

P1140377

クラフトは、こいのぼりの飾りを作りました。動きがあるクラフトなので、
作った後に子供達が遊んでくれるといいなと思い、このクラフトを
選びました。 最初に、真鯉と緋鯉に色を塗ってもらいました。
うろこを一色で塗る子、一つ一つを違う色で塗る子など、色の塗り方一つでも
とても個性がでていました。 他にも矢車、吹き流しなど色が塗る部分が
多かったので、小さい子には少し塗る過程が多すぎたかなと思いました。
クラフトが早く終わった子供達から、作ったこいのぼりで遊んでもらいました。

P1140396

 

P1140398

時間が押してきたので、予定していた「桃太郎」の紙芝居は、無理かなと
思いましたが、なんとかカリママの協力のおかげで時間内に紙芝居を取り入れるとこができました。
子供達の読み聞かせを聞くときの集中力はいつ見てもすごいなぁと思います。
紙芝居をみせることができて良かったです。

終わりのサークルの前は、前回からはじまった夏祭りで踊るソーラン節の練習です。
事前にカリママがみんなに送ってくれた踊りのビデオを見て、練習してきた
子ども達もいました。 みんな、それぞれの動きが何を表す動きなのか分かってき
ているのではないかと思います。

P1140407