文化の日

最終セッションは、11月3日でテーマは、「文化の日」でした。文化の日、憲法によれば「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日。難しい定義ですが、子供たちには、お友達となかよくするにはどうしたらいいかな?ということを中心に、日本の昔ながらの遊びをしながら本日セッションが行われました。

サークルタイムでは、「あーなたのおなまえは?」3週目で、ほとんどのお友達が自分の名前をみんなの前で上手に言うことができるようになりました。それもこれもやはりマイクのせいでしょう!マイクをもったとたんなんだか特別な自分の順番が着たように思えます。はずかさも、なんだかマイクをもったとたんにどこかへいっちゃったかな。なかなかお名前を言えなかったおともだちも、上手に言えたね。とても微笑ましい進歩です。

季節のお話は、秋の虫でした。CDから聞こえてくる本当に虫の声。虫の声と、虫の写真を照らし合わせます。どの虫の鳴き声が好きだったかな?見たことのある虫はいたかな?暑い暑い夏が終わるころ虫さんたちが、秋がくるよーと教えてくれます。振り返ると、実りの秋、食欲の秋、読書の秋、などなど秋を感じることを表現する言葉がたくさんあります。自然や、毎日の生活で季節を感じるっていいな~と子供たちに伝わったかな。

DSC05260

お歌

松ぼっくりは、手遊びです。一人一個松ぼっくりを持ちながら歌いました。

元気よく、手遊びしながらうたってくれました。大きいお兄ちゃんたちは、歌を知っていて、みんなのお手本になってくれたね。ありがとう!

ケンパーであそぼう

ケンパーであそぼうの歌をききながら、ケンパーの練習をしました。後半でけんけんぱーのアクティビティーをするのにいい練習になりました。片足で跳ぶ、効き足じゃないほうで跳ぶ、パーの足で跳ぶ、結構難しいです。

お寺の和尚さん

お寺の和尚さんは知っているお友達も多く、みんな上手に遊んでくれました。自分の手をたたいて、相手の手をたたくというのが難しかったようです。

スナック(えびせん)本読み

少し気持ちを落ち着かせながら腹ごしらえ。しまじろうのお友達と仲良くするとうれしくなるお話を聞きながらえびせんを食べました。

クラフト

文化の日にちなんで、国旗を見たり、地図を見たり、自分たちがアメリカに住んでいる、日本人でもありアメリカ人でもあるお話を少しして、クラフトづくりを始めます。まずは、本物ののけん玉を見て、そのあと松ぼっくりけん玉を作ります。

作り方

事前の用意は、毛糸を適度な長さに切り、短く切ったつまようじに結んでのりをつけ固定させる。生徒が毛糸を穴に通しやすいように工夫しました。紙コップに穴をあけておく。当日は、ようじの部分を穴に生徒が通して先生にテープを付けてもらい固定して完了。

DSC05306

DSC05300

松ぼっくりけん玉づくりのあとは、手作りけん玉で遊んだり、あやとり、お手玉、ケンパーなどたくさんの日本の昔の遊びに触れてみました。歌の時間で練習したケンパー。マスキングテープでカーペットに張ったばってんマークに沿ってやってみました。上手でしょ!

DSC05325

数字のうた

みんなで作った数字の本。毎週歌って上手になりました。自分の作ったページになるとなんだかうれしくなるね。

初めてのカリママは、なかなかペースがつかめませんでした。先輩ママいろいろありがとう!

10月27日 ハロウィン

今回のテーマは、ハロウィン。みんな、思い思いのコスチュームを着てたんぽぽの教室に入ってきました。「かわいいねー!」「かっこいいー!」「わー素敵!」なんて声が聞こえてきました。子供達それぞれの、僕・私は今これが好きなの!が垣間見れて楽しくなりました。そして、この日は何人かのメンバーの子供達のお兄ちゃんやお姉ちゃんの学校がお休みだったため、飛び入り参加もありました。

みんなが椅子に座ったところで、いよいよ始まります。始まりのサークルでは、先週に引き続き一人ひとりにマイクを渡しながら「あなたのお名前は?」と歌って聞いていきます。子供達は、自分の名前を言ったり、横・後ろをむいてしまって名前を言わなかったりとそれぞれ違う反応でしたが、新メンバーが多い今年はこうやってたんぽぽの仲間を認識し、楽しみながらみんなの名前を覚えることで、お互いに親近感を覚えるのではと思いました。

DSC05027

そして、今日も季節の紹介をします。先週栗の”いが”を見たときはまだ閉じていましたが、今日は開いていて、中から栗が見えていました。先生が、「ほら、見て今日は中の栗がみえているねー。」と子供達にみせてまわります。「あ、ほんとうだー。」と言う子供達の声が聞こえてきました。こうやって改めて自然にふれ、秋が深まっていく事を感じるのも楽しかったです。そして、栗をみたり落ち葉をみて季節を感じることもできるんだなという“種”を子供達の中に蒔くことができたらいいなと思いました。

それから、今日はお友達の誕生日のお祝いもしました。「お誕生日おめでとう」の歌の後、ボードの上のろうそくを吹き消します。3歳になったねー。おめでとう!

今日は、ハロウィンでコスチュームを着てきたみんなの”晴れ姿”をカメラに収めるために、始まりのサークルの後で集合写真です。「はい写真とりますよー!」「カメラの方を向けるかなー?」でじっとしていられたり、そうでない子など色々でした。上は5歳から下は2歳9ヶ月までと年齢に開きのあるたんぽぽの子供達。そして、性格も違い個性豊か。だから、ちょっと難しいけれど、最後にはパチリ!はい楽しい写真がとれました!

その後は、クラフトの時間です。トリックオアトリートで使う自分の名前の書かれたバッグに絵を描きます。みんな自分の好きな色でバッグに絵を描いて楽しそうでした。

DSC05064

DSC05068

次は、トリックオアトリート!1つ目のステーションではクレヨンなどの入ったバッグを配り、2つ目ではりんごやおせんべいなどを配ります。1つ目のステーションでは、2つの違う色のバッグが用意されていて子供達が各自好きな方を選びました。選ぶときの目は真剣そのもの。そして、袋をもらうと嬉しそうにして後ろに並んでいるお友達に順番を譲っていました。

DSC05115

DSC05108

今回は、ハロウィーンにちなんで、おばけの本を先生が読んでいるのを聞きながらトリックオアトリートでもらったスナックを食べます。ここでは、みんなとても静かに食べて、そしてお話に聞き入っていました。

スナックを食べたら今度は、ハロウィンじゃんけんぽんです。おばけ、パンプキン、ねこのパペットをみんなそれぞれ手に持って先生とじゃんけんしました。ルールは、先生と同じパペットを出した子供達の勝ちです。「ハロウィンじゃんけんぽん!」「先生は、ねこです!みんなは何を出したかなー?」

DSC05148

そして、「おばけなんてないさ」の歌をじゃんけんの時に使ったおばけのパペットを持ちながら歌いました。みんなこの歌知っているかな?聞いたことあるかな?

次は、10月13日の回「すうじであそぼう」の時に作ったすうじの本をみながら、みんなですうじの歌を20まで歌いました。真剣な顔つきで絵本を見ながら、「あれ、僕・私が作ったんだよ。と隣の子に小さな声で教えてあげている子もいて、自分で作ったものはそれを誇らしく思うだろうし、そして思い入れも強いんだろうなと思いました。第二クールでは、「数字」サブテーマにしていますので、毎週数字に触れる事で数字にもっと興味をもってくれたら嬉しいです。

DSC05167

そして、あっという間に終わりのサークル。みんなありがとう!たのしいクラスでした。

私は、今回の第二クールで新会員として始めてカリママを体験しました。クラスのカリキュラムを一から考えて、そして必要な物をそろえた後にクラスを教えるというのは大変だなと思うこともありましたが、それと同時に又はそれ以上に受け取るものが大きかったです。今回一緒に”先生”役をしたメンバーのお母さん達にこの場を借りて感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとうございました!