文化の日

最終セッションは、11月3日でテーマは、「文化の日」でした。文化の日、憲法によれば「自由と平和を愛し、文化をすすめる」日。難しい定義ですが、子供たちには、お友達となかよくするにはどうしたらいいかな?ということを中心に、日本の昔ながらの遊びをしながら本日セッションが行われました。

サークルタイムでは、「あーなたのおなまえは?」3週目で、ほとんどのお友達が自分の名前をみんなの前で上手に言うことができるようになりました。それもこれもやはりマイクのせいでしょう!マイクをもったとたんなんだか特別な自分の順番が着たように思えます。はずかさも、なんだかマイクをもったとたんにどこかへいっちゃったかな。なかなかお名前を言えなかったおともだちも、上手に言えたね。とても微笑ましい進歩です。

季節のお話は、秋の虫でした。CDから聞こえてくる本当に虫の声。虫の声と、虫の写真を照らし合わせます。どの虫の鳴き声が好きだったかな?見たことのある虫はいたかな?暑い暑い夏が終わるころ虫さんたちが、秋がくるよーと教えてくれます。振り返ると、実りの秋、食欲の秋、読書の秋、などなど秋を感じることを表現する言葉がたくさんあります。自然や、毎日の生活で季節を感じるっていいな~と子供たちに伝わったかな。

DSC05260

お歌

松ぼっくりは、手遊びです。一人一個松ぼっくりを持ちながら歌いました。

元気よく、手遊びしながらうたってくれました。大きいお兄ちゃんたちは、歌を知っていて、みんなのお手本になってくれたね。ありがとう!

ケンパーであそぼう

ケンパーであそぼうの歌をききながら、ケンパーの練習をしました。後半でけんけんぱーのアクティビティーをするのにいい練習になりました。片足で跳ぶ、効き足じゃないほうで跳ぶ、パーの足で跳ぶ、結構難しいです。

お寺の和尚さん

お寺の和尚さんは知っているお友達も多く、みんな上手に遊んでくれました。自分の手をたたいて、相手の手をたたくというのが難しかったようです。

スナック(えびせん)本読み

少し気持ちを落ち着かせながら腹ごしらえ。しまじろうのお友達と仲良くするとうれしくなるお話を聞きながらえびせんを食べました。

クラフト

文化の日にちなんで、国旗を見たり、地図を見たり、自分たちがアメリカに住んでいる、日本人でもありアメリカ人でもあるお話を少しして、クラフトづくりを始めます。まずは、本物ののけん玉を見て、そのあと松ぼっくりけん玉を作ります。

作り方

事前の用意は、毛糸を適度な長さに切り、短く切ったつまようじに結んでのりをつけ固定させる。生徒が毛糸を穴に通しやすいように工夫しました。紙コップに穴をあけておく。当日は、ようじの部分を穴に生徒が通して先生にテープを付けてもらい固定して完了。

DSC05306

DSC05300

松ぼっくりけん玉づくりのあとは、手作りけん玉で遊んだり、あやとり、お手玉、ケンパーなどたくさんの日本の昔の遊びに触れてみました。歌の時間で練習したケンパー。マスキングテープでカーペットに張ったばってんマークに沿ってやってみました。上手でしょ!

DSC05325

数字のうた

みんなで作った数字の本。毎週歌って上手になりました。自分の作ったページになるとなんだかうれしくなるね。

初めてのカリママは、なかなかペースがつかめませんでした。先輩ママいろいろありがとう!

広告

文化の日」への4件のフィードバック

  1. まつぼっくりけんだま。2歳の娘も上手にできる、とっても楽しいけんだまですね。最初に本物のけんだまも先生に見せてもらったし、秋のいろんなまつぼっくりやら、栗やらも見せてもらったので、とっても印象に残ったと思います。うちで一人で、「どんぐりころころ~」と歌っています。 まつぼっくりけんだまは5歳のお兄ちゃんも好きで、取り合いになって喧嘩しています。 初めてのカリママ経験のママさんたち、とっても素敵な先生っぷり。やっぱり、たんぽぽに入ってくるおかあさんたちは何でも上手なんだなぁと、また感動。子供との掛け合いも、興味の引き方もとっても上手。自分も番が回ってきたらがんばらなくちゃーと気合を入れます(笑)。

  2. 先日,4歳娘が「ママの小さい時に,日本に住んでたの? それで,けんだまとかあやとりとかで遊んでたの?」と聞いてきました. これって,まさにこのセッションで学んだ遊びが印象に残っているってことですよね? 最近こういう「たんぽぽ」発言がとっても多くて,楽しいセッションでいろいろ学んでいるんだなぁと実感しています. 本当にこのクールのカリママさん,とってもスムーズなセッション運び,内容も盛りだくさん,完成度高いな~と思って見ていました. お疲れ様~

  3. うちで「あなたのお名前はごっこ」しますよー。おじいちゃんやらいとこたちやらみんな出てきて大変です。去年の今頃を考えると息子も成長したんだなぁと感慨深いです。にほんの懐かしい遊びをたくさんありがとう。お兄ちゃんも以前たんぽぽで松ぼっくりけん玉つくったの。それを覚えていて、ちょっと感動しました。

  4. 「たんぽぽ」がなければ日本の懐かしい遊びなんて経験させてあげなかったと思います。
    あえて剣玉を自分で作ったり、お外でケンケンパしたり。
    日本の子供たちが日常で目にしたり、遊んだりすることを体験させてあげたい!!というたんぽぽの願いは、まさにこんなセッションに現れているんだと思います~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中