「耳文庫人形劇」と「子供の日」

今回のセッションのテーマは人形劇と子供の日でした。人形劇が始まる前にいつもの様に「たんぽぽちゃん」の歌を歌い始めのサークルをしました。始めのサークルをしている間に耳文庫の皆さんに人形劇のセットアップをしていただきました。それからいつもの様に今日の天気を聞きましたが晴れているのに何人もの子供達が「晴れと曇り〜!」との返答。興奮してあまのじゃくな気分だった様です。

今回は皆の名前を呼んだ後、好きな色も言ってもらいました。皆、上手に応えていてました。女の子にはピンクが人気でしたがそれ以上に他の色も何色か好きだと答えてくれたり、「虹色が好き。」と微笑みながら答えたり「僕、ピンクは好きじゃない!!」と力強く主張した男の子がいたりとユニークな反応が返ってきてとても面白いと思いました。色を聞いてその子の洋服や身につけている物が同じ色の時は「〜君はオレンジ色が好きなの?今日のズボンの色と同じね。」と関連付けして受け答えると「うん!僕のズボンもオレンジ色だよ!」としっかり意識して答えてくれた子もいました。中には長く話を聞いて欲しくて話出していた子もいましたが、そこは少し聞いて後はテンポ良く進める事で他の皆を待たせない様にしました。それぞれの好みに対して愛着心があったり、色にまつわる思いがあり、さらに子供なりにしっかりそれを表現出来ているたんぽぽっ子の成長ぶりには感心させられました。

人形劇の前に「かさじぞう」の絵本を読み聞かせました。方言の入った絵本で人形劇とはまた違うスタイルのかさじぞうでしたが、登場人物や話の流れに親しむには良かったと思います。絵本を読む時は礼子先生に本を高い所で持ってもらいなるべく皆が見れる様にしていただき助かりました。次回は皆を一箇所に集めて読んだら皆が聞きやすいと思いました。

その後、たんぽぽの夏祭りで踊るソーラン節の踊りの動きの練習を担当先生がしてくださいました。次回はCDの音楽付きで練習していきます。

今回も毎年恒例でたんぽぽで人形劇を見せてくださる耳文庫の皆さんにまた来ていただき、今年は人形劇「かさじぞう」を見せていただきました。心温まるかさじぞうの話を人形劇で見れた事は子供達にとってより印象に残りやすく良かったと思います。子供達はかわいいおじぞうさまや優しいおじいさんに見入っていました。おじぞうさまの由来を教わったり、おじぞうさまとの触れ合いタイムもありました。子供達はおじぞうさまをなでたり、おじぞうさまと握手したりして嬉しそうでした。

DSCN3514

 

 

 

 

 

 

その後、新聞紙でかぶとと刀を作りました。私が皆の前で折り方を見せて皆にはそれを真似して折ってもらいました。折る時は一つ一つ皆が折れているか確認しながら折っていきました。同じチームの先生方には子供達の折り方を見ていただきました。そして既に丸めて作った新聞紙の刀に皆がそれぞれ絵を描いたオリジナルのつばを差し込んでもらい、人の体を叩かないで叩くなら刀同士でするいう約束を説明しました。この約束は皆しっかり守れていました。その後チャンバラごっこが始まりました。これは女の子にも好評でした。うちの娘は仲の良い女の子の友達に「ねぇ、悪い奴をやっつけようよ!」と言われ、「うん!でも男の子だけね!」と答えていました!これは女の子同士の結束なのか、女の子と男の子の区別をしてきているのか…。思わず笑わずにはいられませんでした!

DSCN3521

DSCN3565DSCN3582

 

 

 

 

 

 

最後にいつもの様に終わりのサークルをして終わりました。終わった後は、残れるお母さん方で卒業式に子供達に送る歌「Believe」の練習をして終わりました。次回はアルトやテナーも加わる事でさらに楽しい練習になりそうです。

DSCN3588

 

 

 

 

 

 

始まりのサークル  名前を呼んで「はい」と返事をさせた後,「好きな色」を発表してもらう.
今日のひらがな 「ら」
安全面  木のおもちゃで
読み聞かせ  「かさじぞう」
歌/お遊戯  「ソーラン節」の練習
クラフト  新聞紙でかぶとと刀作り
アクティビティ  耳文庫の人形劇「かさじぞう」
その他(覚書,反省点) (クラフト覚書)
◯かぶと:予め日本語新聞「ソイソース」を正方形に切っておく。折り終えたら丸く切った黄色いキラキラの厚紙の飾りをのりではってもらう。◯刀:クラフトが通常より短いので,カリママが予め日本語新聞「ソイソース」を丸めて「刀」を作って用意。子供達には予め切り込みを入れた「つば」に絵を書いてもらう。補強の為、「つば」は二枚使用。そして、「つば」を差し込ませる。その後、カリママがテープで固定。(耳文庫覚書)

◯事前にかさじぞうの話をしておいてあげるとよいという耳文庫さんからのアドバイスで,人形劇の前に「かさじぞう」の本読み。

◯夏祭りに向けて,ソーラン節の練習を開始。

◯卒業式に向けてたんぽぽの後、お母さん達は歌の練習開始反省点

◯始めのサークルの時、先生の後ろで人形劇のセットアップをしていただいたが、子供達の視野に入りざわついてしまったので、始めのサークルにより集中させる為に子供から人形劇のセットアップが見えない子供達の後ろか横でセットアップしていただくようにすれば良かった。高い台にシーツをかけるなどして隠したら良いかも。

◯ソーラン節のCDを事前によく確認しなかった(「ソーラン節」と書いてあったCDに音楽が入っていなかった)ので、練習が音なしになった。後でソーラン節の音楽の入ったCDが在庫にあるのを確認済み。

◯時間があれば人形劇の内容を確認出来る様な質問タイムを設けたら良いと思う。それは事前に耳文庫の皆さんに話しておく必要あり。

◯ざわつくことが多かったので木のおもちゃを使ったが、頻繁に使いすぎて逆に子供達がその音に慣れてしまい、注意を引くことが出来なくなった。

◯読み聞かせの時に椅子がすでに出ていたのでそのまま読んだが、聞き取りづらく、皆をもっと先生の近くに集めたらより聞きやすかった。

◯かぶとはソイソースだとちょうど良い大きさなので動くと取れやすかった。英語の新聞紙を使って作った方が取れにくくて良かったかも。

広告

「耳文庫人形劇」と「子供の日」」への3件のフィードバック

  1. セッション,おつかれさまでした~

    耳文庫さん,今年も来てもらえてよかった! あの手作り満点な暖かい感じが,他にはない良さですよね. もとのお話に忠実に沿いながらも,お地蔵さま達がきゃぴっと騒いでいるところがかわいかったり,おじいさんやおばあさんの表情がとっても本物っぽかったり,子供達食い入っていましたねー

    クラフトのカブト,たしかに「ちょうど」サイズだったので取れやすかったのですが,被り物大好きな娘はそれでもかぶりたかったらしく,家に帰ってからあご紐をつけましたよ(笑) 刀は,叩き合って大騒ぎや喧嘩になったりしないかしら?と内心心配していたけど,大丈夫だったね. ちゃんとみんなそれぞれにお約束を守れるようになってきているんだなぁと思いました.

    • コメントありがとうございます!そうですね、耳文庫の皆さんに来ていただけて良かったですね。絵本とはまた違った印象でした。おじぞうさまが家族の会話をしている様子もかわいかったし、手作りならではの温かみを感じられる登場人物も良かったですね!
      ところでかぶとは子供達皆に好評でしたが、あご紐まで付けたのですね!さすがー!!喜んで遊んでくれると嬉しいですね。私ももしかしたら刀で叩き合い始まるかもしれないという事を想定はしていたのですが、皆しっかり約束守ってくれていましたね。先生の言うことが大分分かり、聞く様になっている5歳児が多いからその子達が小さい子の良いお手本になってきているのでしょうね。2歳児も多いたんぽぽですが、大きいお兄ちゃんお姉ちゃんの見様見真似で刀でチャンバラごっこしている姿はとてもかわいかったです。

  2. 毎年、耳文庫さんには感謝ですね!
    そんな素敵な団体があるシアトルって素敵なところだな~ってつくづく思います。
    多分、私達のようなコープも珍しくなりつつあるので、いつまでも存続し続けて欲しいと切に願ってしまいます。
    みんなで、これからも頑張ろうね~!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中