1月25日 紙で遊ぼう

今日のテーマは「紙で遊ぼう」。おもちゃがなくても、紙だけでこんなに色々遊べるんだということを感じて欲しくて考えたテーマです。

サークルタイムは、今クール4回目ということもあってみんな慣れた様子で、楽しく和やかに始まりました。「アブラハムの子は七人の子」は、みんな盛り上がりで踊っていました。体を動かすって本当に楽しいですね。

クラフトは折り紙を使った切り紙で、雪だるまと雪の結晶作り。アクティビティは、新聞紙を使った遊び。今回もパンダさん(年上)、ペンギンさん(年下)に分けて、パンダさんがクラフトをしている間にペンギンさんがアクティビティをして、その後交代するスタイルをとりました。

切り紙は、予め折り紙を折って、切る線を描いた状態で用意しました。パンダさんとペンギンさんで少し難易度に差をつけました。大人の少しだけの助けで、子どもたちが自分で完成できるものにしたいと思って考えたのですが、ハサミを握る子ども達の顔は真剣そのもので、ちょうどいいレベルのものを用意できたかなと思いました。重なった紙を線に沿って切るのはなかなか難しいものですが、開いたときどんな形になるのかを楽しみにして、みんなとても集中して丁寧に取り組みました。

20160125_130521 DSC_2992

新聞紙で遊ぶアクティビティは、一人一枚の新聞紙を配り、頭に乗せてペンギン歩き、背中に乗せて亀さん歩き、筒状に丸めて望遠鏡、ぐしゃぐしゃに丸めてボール、、、、と一枚の新聞紙を色々な形に変化させて遊びました。そして一通り遊んだ後は、新聞紙を広げて持って、その上にジャンプ!!新聞紙が破れるのが面白くて、みんな何度も何度も跳びました。広げられる紙がなくなったら、それをさらに小さく破って、、、、あら、雪みたい!今度は新聞雪を投げたり、雪の上に転がったりして、思う存分遊びました。ここは私の計画にはなかったのですが、パンダさんの中には、破った新聞紙をねじってブレスレット作りを始めた子がいて、みんなでブレスレット作りにも発展しました。さすが年長さんですね!

20160125_132835 DSC_3003

今日のお話は絵本ではなくて、『おはなしおばさんの小道具』(藤田浩子 編著)で紹介されている『火事(新聞話)』をしました。新聞紙を折りながらお話を進めるのは私にとっては緊張しましたが、子ども達はお話に聴き入ってくれて感動しました。

今日は時間が押してしまったので、おやつのみかんとお煎餅はお持ち帰りとなりました。また、本当はもう一つのアクティビティとして、新聞紙を丸めたボールと、新聞紙を筒状に丸めた杖(?)で新聞ゲートボールを用意していましたが、それもおあずけとなりました。でも、クラフトもアクティビティも、子ども達が好きなことを満足するまでゆっくりさせてあげる、そんなセッションになったのではないかと思います。

始まりのサークル たんぽぽちゃんの歌、先生紹介、 名前の歌、お天気、日にち、曜日、お約束、クラフト説明
今日のひらがな  て、と
安全面
読み聞かせ 「火事」(新聞話)
歌/お遊戯まっかだな、手洗いの歌  アブラハムの子は七人の子
クラフト 切り紙(雪だるま、雪の結晶)
アクティビティ 新聞紙で遊ぼう
その他(覚書,反省点) パンダ班とペンギン班に分けてクラフトとアクティビティを行ったことにより、少人数となって一人ひとりに目が届きやすかった点は良かったが、一方で片づけや子どもたちの誘導には時間がかかった。また片方の班は活動が終了したが、もう一方の班がまだ終わっていないということもあったので、片方の活動は時間の融通がきくものにすればよかった。
広告

1月11日 みんなちがってみんないい

 

一月二回目のセッションです。今日のテーマは「みんなちがってみんないい」ということで、中川ちなつさんの「どんなかんじかなぁ」の本をもとに、目が見えないって、耳が聞こえないってどんな感じかなぁと考えます。2,3歳児には難しいテーマだし、アクティビティもかなり簡素化したけれどやっぱりたくさん手順があって手こずることもありました。でも、なんかこんなことやったなぁと記憶の片隅に残ってくれたらこれほどうれしいことはありません。町で手話をしている人を見かけたり、目の見えない人がつえを使って歩いていたら気に掛けることも大切だし、そういう人たちが困っていたらすっと助けてあげられる、抵抗感を少しでも少なくできたら、と思います。

オープンサークルは時間をかけてやりましたが、あとで手話の時間が少なくなってしまったので、最初からもっと静かに手話だけでオープンサークルをしてもいいかな、と思いました。次回私の担当の時、もう少し手話を導入してやろうと思います。

オープンサークルのあとは直接本読み、今回のテーマの導入です。目が見えない、耳が聞こえない、両親がいない、自分で体を動かせない、、、それってどんなことかな?と一つ一つ実際に目をつぶったり耳をふさいだりしながら話し合いました。本読みの後は簡単な手話。今回はAmerican Sign Languageを主に使いました。子供たちがシアトルで見かけるのはきっとASLを使う人たちだし、知っておくと便利かな、とも思ったので(私が個人的にASLのほうを知っているというのがメインの理由です、、、)。簡単な食べ物、家族、動物など。

そのあとはクラフトで、点字で名前を手話であらわそう、です。

Capture

こういう用紙を見本を一緒に各自に配り、丸いドットシールで名前を作ります。みんなの力をかりて上手に作ることができました!

そのあとはアクティビティ、ペンギンチームとパンダチームがペアになって、目隠しをする人、手を取って補助をする人を交互にやってみました。目隠しが怖かった子、目隠しをしていても堂々と歩いていた子、いろいろでしたが、これも「こんな感じ」が何となく頭の片隅に残ってくれれば、次に実際に目の見えない人に手を貸すとき役に立ってくれると思います。手をつないで歩くのではなく、隣に立って、手の甲からひじまでを互いにぴったりくっつけて歩く、ということも強調しました。

次は、4人ずつのグループに分かれて、先生と一緒に手話で名前をあらわします。これも、下のほうな見本をつかって、グループのお友達の名前も一緒に練習です。

yuken

以上です。

 

始まりのサークル たんぽぽちゃんの歌、先生紹介、 名前の歌、お天気、日にち、曜日、お約束、クラフト説明
今日のひらがな  つ
安全面
読み聞かせ 「どんなかんじかなあ」
歌/お遊戯まっかだな、手洗いの歌  アブラハムの子は七人の子
クラフト 自分の名前を点字であらわそう
アクティビティ

目隠しをして、お友達の手を取って歩く

自分の名前を手話であらわそう

その他(覚書,反省点) 手話を使った歌など、2,3歳児を対象にしたアクティビティがもう少しあってもよかった。

1月4日 お正月

2016年最初のセッションです。今日のテーマはお正月。お餅つきに書初めと盛りだくさんです。

アブラハムと七人の子は、二回目ということもたってみんなとても喰い付きがよく、身体をたくさん動かして踊ってくれました。「お正月のあいさつは何でしょう?」とみんなに聞いてから、「あけましておめでとうございます」の練習も何回かしました。

クラフトは書初め、こま、福笑いです。大きい子チームのパンダさんから書初め、ひろ子先生が子供たち一人一人の手を取ってとても上手な名前を書いてくれました。そしてできた子から向かいの部屋でこま、福笑い。小さい子たちのペンギンさんチームはこま、福笑いから最後に書初めです。

書初め:台紙に、小さく切った折り紙で飾りをつけるところから始めました。見本を見せて「周りにつけるんだよ」と説明しましたが、飾りは大きめのボールに入って中央にあったので、たくさん張りたい子が多く、時間がかかってしまいました。きれいになってよかったけれど、一人一人に分けておいたほうが量を制限できてよかったかな?書初めも、良質の筆が一本だけだったので、一人の先生が一人ずつ、という形になってしまい、思ったよりも時間がかかってしまいました。でも、その分とても上手な書初めが出来上がりました。

本読みの後はお餅を食べる時間です。もち米から作る、手作りのお餅です。まだもち米の感触も残っている、おいしいお餅でした。大きいお皿にまずおもちの大きなかたまりをどんとおいて子供たちに見せ、そのあと一人一人に分配。そして各自でその小さなかたまりをさらに小さく手で丸めてもらい、3つの味(きなこ、あんこ、のりしょうゆ)で楽しんでもらおうというものでした。お餅に粉をかける前に触り始めた子がいて、手がべとべとになってしまったので、最初から米粉などをを少量かけておいたほうが良かったかもしれません。みんなとってもよく食べました。

終わりのサークルは、時間が無くなってしまったので赤いテーブルの周りでまだお餅を食べている子たちと一緒に終わりのあいさつをしました。

 

 

始まりのサークル たんぽぽちゃんの歌、先生紹介、 名前の歌、お天気、日にち、曜日、お約束、クラフト説明
今日のひらがな  ち
安全面
読み聞かせ お正月
歌/お遊戯まっかだな、手洗いの歌  アブラハムの子は七人の子
クラフト 書初め、福笑い、こま
アクティビティ  お餅食べ
その他(覚書,反省点)  ①福笑いとコマはわりとすぐに終わってしまったので、他のアクティビティを用意しておくか、画用紙の装飾に時間がかかったので両チームとも一緒に装飾しながら書き初めの順番を待つようにすればよかった。②書き初めを全員で一斉にするのではなく、一人ずつ先生と一対一で行ったことにより、子どもたちはお絵描きとは違うお習字というものを体験出来たようでかった。