種まき

【覚書】

・種はカリママで持ち寄り。今回はねぎ、まめ、レタスの三種。

・卵の容器に種まき。1ダース用のものを半分に切る。植えたものが分かるように爪楊枝で作った旗を用意。

・見本を早めに作って発芽させておいた。芽が出る段階、双葉、本葉といろんなバージョンがあるともっと理解が深まるかも?

・お天気に恵まれ外で種まき。セクションを土入れ、まめ、ねぎ、レタス、水遣りの5つに分け、順番に進んでいく。

・みずやりは霧吹き。

--------------------------------------------------

春になりました。暖かい種まき日和です。

いつもどおり最初のサークルタイムから始まりです。今回も配置換えの効果でみんなきちんと着席して始めることができました。

前回同様に名前の歌をお休みして、それぞれお友達のカードを持ってもらって、自分たちでお友達の名前を呼び合う形。先生に呼ばれるのと違った気分で、恥ずかしかったり、嬉しかったり。歌&お遊戯は、今シリーズの「ちょうちょ」に加えて、たねまきにちなんだ「ちいさなにわ」もしました。「♪ちいさなにわをよくたがやしてー♪」たねまきにぴったりの歌です。 

種まきをする前に、みんなが植える種がどのように大きくなるかについて少しお話をしました。カリママが事前に蒔いて、双葉まで成長した見本をみんなで見ました。「かわいい。」「ちいさい。」「おうちでも種まきしたよ。」の声。「ふたば」という言葉を知ってる子もいました。

tanemaki1

そして、まずはみんなが種を植える卵容器を春色の色紙で可愛く飾ります。ひらがなを切った紙でなまえも貼りました。じぶんのなまえのひらがなを覚えている子が増えてきたように思います。tampopo2

いよいよ、お外へ。土入れ→種蒔き(まめ、ねぎ、れたす)→水やりのセクションを順番に移動していきました。歩くときはそーっとそーっとね。みんなの種蒔きが終わった後は、チョークでお絵かき!ながーい線路を描いてたのしい電車ごっこもできました。tampopo3

お部屋に戻って「そらまめのたね」を読みました。みんな絵本が大好きです。「きつねくんはいじわるだね。」など感想も聞けるようになり、本年度がはじまったばかりの頃と比べて、みんなの本に対する姿勢が明らかに違っていることを感じました。

最後に終わりのサークルをして、解散!お天気が良いので終わってからもお外に描いた線路であそびましたとさ。

 

広告

12月

DSCN3168

P1090199

P1090182

12月は、スワンソンナーサリーへの遠足とクリスマス会というイベント盛りだくさんのたんぽぽでした。

スワンソンナーサリーでは北極から滞在中(?)のトナカイさん達と会いました。ナーサリーの人たちからのお話を聞いたり、色や香りさまざま違うクリスマスツリーを見たりと、楽しい遠足でした。

そしてクリスマス会ではサンタさんがたんぽぽをサプライズ訪問!ジングルベルを歌ったり雪のお話を読んだり、クリスマスムードがサンタさんにも伝わったのでしょうか。子供達みんなにプレゼントを持ってきてくれました。クラフトではスノーグローブ作りに挑戦。みんな各々、小さな木や実のオーナメントを上手に飾って素敵なスノーグローブが完成しました。

11月

2012-11-05 02.09.46

11月はリサイクル品をつかった工作をしました。各自いろいろなものができあがりました。

そして、11月といえば、七五三です!みんなで順番に七五三の着物を着て、写真を撮りました。立派な写真が出来上がって、日本のおじいちゃん&おばあちゃんに送ったら、大喜びでした。

11月のひらがなは「さ行」。たんぽぽのおかげで3歳ちょっとのわが子もひらがなに興味がでてきたようです!